社長挨拶

顧客の希望に、
社員の希望に、
全力で向き合う会社へ。

社名のエルピスは、
ギリシャ語で「希望」を意味する言葉。
顧客の希望だけでなく、
自分たちの希望をも叶えられる会社にしたい
という想いが、社名には込められています。

大久保武範

株式会社エルピス 代表取締役

大久保武範

顧客から寄せられる期待に、
100%応えられる会社へ。

1986年の設立以来、エルピスは、長年お客様からの信頼をコツコツと積み重ねながら、情報社会を支える重要な企業の最新システムを手掛けてきた会社です。今後も大手SIerとの太いパイプを活かしながら、最新技術を積極的に取り入れ、これまで以上に産業や生活の基盤となるようなシステム開発に取り組んでいきます。

また近い将来には、新規IT事業の立ち上げも視野に入れています。イントラマートを利用したクラウドサービスやロボットアプリのAI事業、
子供向けプログラミング教室といった教育事業など、事業の新たな柱をつくっていきたい。

新しい技術や新製品を創り出すための研究開発を続けていくことで、顧客から寄せられる期待に100%応えられるようにします。目指すのは、日本でトップクラスの技術力を誇る会社です。

社員の満足度を100%得られるような、
働きがいのある会社へ。

エンジニアが、生涯ずっと、エンジニアらしく働けるように。エルピスは、働きがいのある職場環境を追求し続けていきます。

例えば、社員の挑戦を全力で応援する風土。
当社では、社員の挑戦を全力で応援する方針を掲げています。日進月歩のIT社会において、要求されるエンジニアの技術は刻々と変化します。時代遅れのエンジニアにならないように、新技術習得の投資は一切惜しみません。社員が希望すれば、開発に必要な技術を外部セミナーや勉強会で学べる風土があります。

社員一人ひとりのチャレンジ精神を尊重する基盤は、顧客から寄せられる期待に対して積極的な課題解決が提案しやすくなり、開発品質の向上と顧客満足へとつながっていきます。常に時代から求められるエンジニアに成長できる環境が、ここにはあるのです。